産後脱毛症に効くツボ

産後脱毛症の緩和には、顔や頭皮の血行促進も大きく貢献してくれます。

 

毛母細胞に栄養や酸素を運んでいるのは血液ですから、しっかり巡ってくれないと再生につながりませんよね。赤ちゃんのお世話で運動はなかなかしにくいですが、ツボ押しなら暇な時間に手軽に自分で出来ますので、是非覚えておいてちょこちょこ活用してみましょう。

 

百会(ひゃくえ)

頭の本当にてっぺんにあるのでかなり分かりやすいですし、有名なツボです。

 

両手の指を揃えて、両耳の上から頭のてっぺんに向かって沿わせて行って中心でぶつかったところへ片手を残しておいて、もう片手で眉間の中心から頭のてっぺんに向かって指を沿わせて行って、残った手とぶつかったところを探すとかなりピンポイントで見つかります。

 

勘違いしやすのですが、つむじの位置ではありません。

 

きちんと探すと、ちょうど指1本分くらいのへこみが感じられますので、そこをじんわり押してじんわり戻すという指圧を3回くらい行うと温かくなります。

 

天柱(てんちゅう)

首の後ろの真ん中には盆の窪があるのですが、その左右には太い筋肉のスジが通っていますよね。そのスジが頭につながる部分のすぐ両外がツボです。

 

両手の指を首の後ろに回して、そのあたりを指の腹で頭の中心に向かってじんわり押してじんわり戻してください。頭の周りにはたくさんの細い血管や太い血管が集まっていますので、強く傷つけないように注意しましょう。

 

どうしてもイライラする時などは、ツボにこだわらず両手の指先であたまを大きくわし掴みにして、10本の指の腹で押し揉むだけでも嘘の嘘のようにスッキリすることがありますよ。