産後の脱毛対策は出来る?

産後脱毛症は、ある程度仕方のないこと・・・とは言え、出来ればほどほどにして欲しいと思いますよね。抜け始めるのはだいだい産後数ヶ月くらいからですので、その間に出来るだけの対策はしておきたいところです。

 

産後脱毛症対策としては、食べ物を工夫してみるのも一つの手段です。

 

おすすめなのは魚介類、海藻類で、髪の毛の健康につながる栄養素がたくさん含まれた食品を選んで食べるのも良いですね。

 

野菜で言えば、ブロッコリーやトマトなど緑黄色野菜も良い影響があると言われています。
髪の毛自体も弱くなっているので、牛乳や大豆などでカルシウムを補給するのも良い方法です。

 

授乳期の栄養はそのまま母乳の栄養にもつながりますので、自分の食事を見直すのは髪の毛のためだけなく母子の健康管理にも良いことです。

 

注目したいのはたんぱく質とカルシウムですが、あまり脂質の多い肉類ではなく、チーズや納豆、ヨーグルトなどからうまく摂取すると理想的です。

 

また、家族の支えがないとこれがなかなか難しいのですが、睡眠を十分取るというのも産後脱毛症対策には欠かせません。赤ちゃんのお世話に昼夜はありませんが、赤ちゃんは睡眠時間も多いですから、赤ちゃんの睡眠中は自分も仮眠するなど、少しでも休んで頭皮に栄養が届けられるようにしましょう。

 

ストレスは大敵ですが、まったくストレスフリーで子育てが出来るほど卓越したお母さんというのは、残念ながらいままでお目にかかったことはありません。

 

イライラした時には何か好きなことで発散するなど、リラックス出来る時間を作るのも大事。
もちろん、家族のサポートもしっかり利用しましょう。