産後脱毛症とは?

産後に髪の毛が抜けてしまうことがあります。

 

これは「産後脱毛症」と呼ばれる症状であり、出産後すぐに抜けるのではなく、産後から何日か経った後に現れる症状となっています。

 

産後脱毛症は、完全にすべての毛が抜けるということはなく、一部だけ毛が抜け始めます。そこまで毛が抜けない人や全体の3分の1まで抜けてしまう人など体質によって違いがあるようです。

 

何も病気になっていないのに、急に毛が抜け始め、このまま生えてこないのではないかと不安になることもありますが、ほとんどの女性は、ホルモンバランスが安定すれば徐々に抜け毛も収まり、新しい髪の毛が生えてきます。

 

基本的には一時的なホルモンの乱れと思っておいてください。

 

あまり進行するのが嫌だという方や予防をしておきたいという方は女性専用の育毛剤を使用すると良いでしょう。歳をとるごとに抜け毛が気になる高齢の方だけでなく、産後脱毛症に悩まされている方の多くが育毛剤を使っているのです。

 

人間の毛には周期というものがあり、成長期・退行期・休止期の3段階に分けられます。
成長期に入れば髪の毛もすぐに生えてくるのでそこまで心配することはありません。

 

人によって毛が生えるスピードは変わりますが、出産した後気になるようでしたら、産後脱毛症は防ぐことができるので対策を練っておくと心強いです。

 

出産した後は女性ホルモンが乱れやすくなるのでどうしても脱毛症になってしまう女性が増えてきています。どのような対策をすれば良いのか、改善方法はどのような方法なのか知っておくと有利になります。

 

産後も綺麗な姿でいるためには、産後脱毛症についても詳しく知っておきましょう。