産後脱毛症がなかなか治らない時は

産後脱毛症は、出産後半年から1年の間にはだいたい出産前の状況に戻るのが一般的です。

 

ただ、個人差が大きいことと、情況によっては回復出来ずに違う症状を引き起こしてしまう場合も無くはありません。それは、主に子育てなどのストレスで円形脱毛症に発展してしますケースです。

 

出産は非常に大変な仕事ですので、前後はとても大きな肉体的精神的なストレスを抱えることになります。ホルモンバランスが正常に戻れば問題ないのですが、ホルモンをコントロールしているのは自律神経ですから、ストレスで自律神経自体がコントロール力を乱してしまうと、なかなかうまく回復へ向かわない場合もあります。

 

産後脱毛症が止まらないと言って産婦人科から皮膚科などの受診に切り替える人は、環境によって精神面に大きな影響が出ている場合が多いと言います。

 

確かに長期間放置しておくべきものではありませんが、何か違和感を感じるようであれば、なるべく早く産婦人科の主治医に相談するべきででしょう。

 

というのも、出産後の授乳期にあたる母体にやみくもに強い薬を処方するような皮膚科医はいないとは思いますが、円形脱毛症に発展しそうな場合でもステロイド剤などを安易に使うべきでないことは明白だからです。

 

見た目が気になって余計に不安になるのはわかりますが、あまり独自の判断で動かないほうが良い場合が多いからですね。産後は、髪の毛の生え変わる毛周期が一斉に一気に休止期に移ってしまったと考えましょう。

 

少し休めばまた徐々に復活してきますので、あまり焦らず待つことも大事ですね。