産後脱毛症のメカニズム

産後脱毛症がなぜ起こるのか、その詳しいメカニズムを調べてみましょう。

 

産後脱毛症・分娩後脱毛症というのは、出産後に髪の毛が大量に抜け落ちる時期が来る現象です。原因は、妊娠状態を継続するために大量に分泌されていた女性ホルモンと呼ばれる黄体ホルモンが減退することです。

 

実は出産後の抜け毛の多さばかりに目が行きがちですが、本当は妊娠中にも通常とは違う変化がすでに起こっていて、本来抜け落ちるはずの髪の毛が抜けないことで髪の毛の量が増えるという人もいるのです。

 

出産と共にこのホルモンのバランスが正常に戻るために、今度は一気に減少します。

 

そうすると成長方向へ向かっていた髪の毛が、今度は一斉に抜け落ちる方向へと向かいます。
これが出産後に髪の毛が一気に大量に抜け落ちる原因なのです。

 

つまり、ホルモンのバランスが特異な状態から正常な状態へ戻るための一連の流れの中で起こることで、特別心配するような現象ではないのが一般的です。

 

出産にまつわる生理的な現象だと思えば良いでしょう。

 

ただ、いつまでもいつまでも抜けるばかりではさすがに不安ですよね。

 

抜け落ち方や回復の仕方、スピードなどはとても個人差の大きいところではありますが、おおむね半年くらいですっかり元に戻るのが一般的です。長くても1年みておけば良いでしょう。

 

ただ、もしそれ以上の期間が経っているのにも関わらず、いつまでも抜け落ち方がひどすぎるという場合には、主治医に相談したほうが良いですね。