産後脱毛症の原因

出産してから2ヶ月〜3ヶ月後に発症する産後脱毛症は、女性にとって大事な髪の毛が抜ける症状です。産後の女性のほとんどが経験している症状でもあります。

 

産後は骨盤が開き、太ってしまうとよく聞きますが、産後脱毛症は女性ホルモンが主な原因となっています。女性ホルモンは2種類あることは皆さんご存知だと思います。

 

黄体ホルモンであるプロゲステロンと卵胞ホルモンであるエストロゲンです。
妊娠していない女性の場合、交互にこの2つのホルモンが分泌される仕組みとなっていますが、妊娠中は一気に黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌量が増え始めます。

 

プロゲステロンは、体温を上げ、新陳代謝もUPするため、細胞が活性化し、髪の毛も生え変わりが早いです。抜けやすくならないようにしてくれるのですが、出産するプロゲステロンの分泌が一気に少なくなってしまいます。

 

出産後すぐにはなくならないのですが、2ヶ月後になると一気に少なくなってくるのです。
妊娠中の女性ホルモンがプロゲステロン中心になっていたため、出産後は崩れてしまいます。
よって、産後脱毛症が起こるというわけです。

 

また、ホルモンだけでなく、出産後の疲れ、ストレス、栄養不足などにより頭皮への栄養が行き渡らず、すぐ抜けてしまうという原因も挙げられます。産後脱毛症の原因は、「ホルモンバランスの乱れ」と「ストレスや栄養不足といった生活習慣」からきていることになるのです。

 

原因が分かれば対策も立てやすくなるので、しっかり原因について頭に入れておいて下さいね。